シェア
Mail
ysug

韓を詠む karawo yomu


リンク「俳人のサイト」

  • 順不同です
  • 各サイトで鑑賞できる句の中から
    私が好きな句を二句づつ紹介します

金子兜太「海程」

  • 同席の四角四面の夏の男
  • ひとりかも谷の向こうの青狐

菅原鬨也「滝」

  • 春の星思ふところへ放ちけり
  • 夜遊びをおぼえし雛傾けり

栗田やすし「伊吹嶺」

  • 玄関に冬日あつめて靴磨く
  • 手品師が鳩を揉み出すクリスマス

阿部ひろし「酸漿」

  • 炎昼の庭木とともに押黙る
  • 一葉づつ落ちて天地をつなぎけり

秋尾敏

  • 囀や日本というホームレス
  • 秋深むピアノの蓋を閉じたまま

黒田杏子「藍生」

  • 食卓に椿を挿して昏かりき
  • 踊り子の白扇月に返しては

鷹羽狩行「狩」

  • 紺青の海ひき寄せて独楽廻し
  • 間をおいて音打ち返す羽子日和

稲畑汀子「ホトトギス」

  • 福笑大人ばかりとなりにけり
  • ほんたうに降つてしまひし春の雨

小澤實「澤」

  • 冴返る袋に透けて買ひしもの
  • 夏芝居監物某出てすぐ死

長谷川櫂「古志」

  • 俎を流るる水に穴子裂く
  • 播州の西も東も春田かな

中原道夫「銀化」

  • 手がかりのなくて星星流れけり
  • 蜜蜂の無頼の音を先だてて

高野ムツオ「小熊座」

  • 冬もっとも精神的な牛蒡喰う
  • 洪水の光に生れぬ蠅の王

有馬朗人「天為」

  • 水中花誰か死ぬかもしれぬ夜も
  • 草餅を焼く天平の色に焼く

岩淵喜代子「ににん」

  • 薔薇園を去れと音楽鳴りわたる
  • 古書店の中へ枯野のつづくなり

小川軽舟「鷹」

  • ソーダ水方程式を濡らしけり
  • 木にあれど草のあはれや木槿咲く

  

  •   
  •   

  

  •   
  •   

  

  •   
  •   
▲▲ ページTOP